顔の汗を何とかしたい!治療法はあるの?

人には言えない顔汗(多汗症)の悩み。 原因や顔汗を止める方法など、顔汗で悩んでいるあなたに役立つ情報をお届けします!

ETS手術は顔汗にも有効?それとも効かない?

顔汗を止める手術とは

 

 顔面多汗症によって、日常生活にまで支障が
生じるようになると病院へ受診されるという

方も多くいらっしゃいます。

 

内服薬やボトックス注射をしても効果がでない

という場合、または汗の症状が重い場合には、

医師から「ETS(胸腔鏡下交感神経節遮断術)

といった汗を止める手術をすすめられる場合も

あります。

 

症状にもよりますが、ETS手術は効果が高いと

言われています。

 

「顔汗が止まるのであれば、手術を希望する!」


という方もいらっしゃると思いますが、手術内容

や副作用などのリスクを知ることも大切です。

 

そこで今回は、ETS手術について詳しくお伝え

します。

 

ETS(腔鏡下交感神経節遮断術)手術とは

 

スポンサードリンク

 

 

ETS(胸腔鏡下交感神経節遮断術)とは、その名の

通り、内視鏡手術によって、汗の原因である交感

神経の1部を遮断(切断)するというもの。

 

交感神経の1部を遮断することにより、完全に

汗を減らすという仕組みです。

 

もともと、手の汗を止める手術ですが、顔汗を

止める手術としても行われています。

 

手術を受けた人の多くが顔汗が止まると言われて

います。

 

また、手術は10~30分程度で日帰り手術が

可能です。

 

傷口は小さく抜糸の必要もありません。

 

手術は1回のみなので、ボトックス注射のように

効果が薄くなれな繰り返し治療が必要ということ

もありません。

 

ただし、再発率は数パーセントとまれですが、

手術によって遮断した神経が元の状態に戻ること

があります。

 

ETS副作用

f:id:sara3ra:20170728172905j:plain

ETSの手術は、必ずといっていいほど副作用がおき

ます。

 

それが、「代償性発汗」です。

 

特定の部位の汗を止めるので、ほかの部位からの発汗が

増えます。

 

例えば顔汗を止めた場合は、顔以外の部位からの汗が

出るようになります。

 

個人差はありますがほとんどの方がこの症状がおきます。

 

また、いったん手術をすると交感神経を元に戻すこと

はできません。

 

そのため、副作用などのリスクを十分知ったうえで

手術をするかどうかを決める必要があります。

 

ETS手術の費用はどれくらい?

 

ETS手術は多汗症の手術のため、保険が適用
されます。


3割負担の場合は、病院にもよりますが、
10万円位で手術を受けることができます。


さらに、高額療養制度や生命保険手術給付金

の対象となる場合が多いです。

 

そのため、申告が必要ですが、加入している

生命保険によっては手術給付金を受け取るこ

とができる可能性があります。

 

まとめ

 

手術によって、かなり汗を減らすことができ

るという効果の高い手術ですが、必ずといって

いいほど副作用をともないます。

 

顔面多汗症は、手術以外の治療方もいくつかあり

ます。

 

例えば、漢方薬、内服治療、ボトックス注射など。

 

そのため、まずは副作用の少ない他の治療を試した

うえで、手術は最終手段として検討するという方法

をおすすめします。

 

また、手術をする際は、後悔することのないように

医師から十分話を聞いたうえで決断することが大切です。

 

スポンサードリンク